瀬戸内海環境保全セミナー開催

 平成28年11月1日、加古川駅南まちづくりセンターにて、瀬戸内海環境保全セミナーを兵庫県と共催で開催しました。

 本会の秋山理事(兵庫県環境部長)の開会挨拶に続いて、兵庫県水大気課長から「瀬戸内海の環境の保全に関する兵庫県計画」について説明がありました。

 引き続き、相生湾自然再生学習会議の松村会長から「海をフィールドとした環境学習の実践等」、NPO法人アマモ種子バンクの出口理事長から「アマモ場の再生・造成と海域環境保全」、坊勢漁業協同組合の岡田代表理事組合長から「JF坊勢の環境保全活動“海底耕うん”について」と題して、豊かで美しい瀬戸内海の再生に向けての活動内容の発表があり、約120人の参加者は熱心に聴講していました。

秋山理事(兵庫県環境部長)のあいさつ

正賀 兵庫県水大気課長の説明

 

 

松村 相生湾自然再生学習会議会長の発表

出口 NPO法人アマモ種子バンク理事長の発表

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡田 坊勢漁業協同組合代表理事組合長の発表

 

ページの先頭へ戻る